勉強を捗らせる運動法3選

コピーライターのLongtailbearです。鳥取県倉吉市で学習指導・進路指導の専門塾を運営するドリームラーナーズの依頼を受けて書いています。

 

私の仕事スタイルは、受験生の皆さんと同じように、机に向かっている時間が相当長くなっています。そのため、運動不足になりがちです。受験生の皆さんも、寸刻を惜しんで勉強したいがために、運動不足になっていませんか?

 

受験生の皆さんと同様にデスクワーク中心の私も感じることなのですが、運動不足になってしまうと、肉体的にも精神的にも不健康になってしまいます。

 

そのため、私は忙しいときほど運動を欠かさないようにしています。

 

運動といっても、部活動のように何時間もクタクタになるまで体を動かす必要はありません。今回は、私がデスクワークの合間に実践している運動のなかから、勉強に効果的なものをご紹介します。

眠気醒ましならヒンズースクワット

もし勉強を始めてもすぐ眠くなってしまうという人は、ヒンズースクワットをしてから勉強に取り組んでみてください。ヒンズースクワットの正しい方法については別サイトに譲るとして、ざっくりと説明すれば、その場にしゃがみ込んで立ち上がる動作を繰り返すスクワットです。

 

ヒンズースクワットでは、第二の心臓と呼ばれる太ももの筋肉が大きく動かされます。そのため、勉強前にヒンズースクワットを行えば、勢いよく血液が全身を巡ってくれるので眠気が一発で醒めるはずです。

 

決まった回数を頑張って繰り返す必要はありません。何かの訓練ではないのですから。目が醒めたと実感できる回数でOKです。

 

ヒンズースクワットは、リズムにのって行うと、精神的にも効果的です。リズム運動によって、メンタルヘルスに好影響をもたらすホルモンのセロトニンが分泌されるからです。セロトニンは気持ちの安定に作用するので、受験生にとって重要なホルモンです。

5分で終わる筋トレ:アイソメトリック

アイソメトリックというのは、瞬発的に全力の力を出して緩めるという動作を繰り返す運動です。特に道具は必要ありません。たとえば、胸の前で合掌して両手で押し合うという動作。これもアイソメトリックスの動作です。最大筋力を出す時間は5秒程度です。力を入れて緩めるというのを3回ほど繰り返します。

 

もし筋トレ目的で行うのであれば、鍛えたい部位によって様々なポーズがあるのですが、合掌のポーズが受験生にはオススメ。合掌のポーズは、ヨガでは心の安定をもたらしてくれるポーズにあたるからです。

 

アイソメリックが受験生にオススメな理由は、運動不足による筋力低下を効果的に食い止めることができるから。アイソメトリックは短時間で済む運動ながらも、筋力アップには非常に効果的だと言われています。筋力低下を食い止めれば、無駄に太ってしまうことを防げます。男子なら、自分の筋肉を維持することは自信につながるはずです。

格闘家も実践!心を強くする火の呼吸

スクワット、アイソメトリックと筋トレを続けて紹介してきました。最後に紹介するのは、少し毛色を変えて呼吸法です。

 

火の呼吸は、クンダリーニヨガともいわれるもので、鼻による腹式呼吸を1分間に200回程度繰り返します。呼吸法といっても、激しく腹筋を動かすので、最初のうちは腹筋が筋肉痛になるかもしれません。

 

火の呼吸は、不安を感じたり、弱気になってしまったり、弱ってしまったメンタルを回復させるために効果的です。火の呼吸は格闘家が試合前に取り入れているほどの呼吸法です。困難に立ち向かう勇気を皆さんに与えてくれることでしょう。

ストレスに対処する技術を身に付けよう

今回は、私なりに勉強を捗らせるために有効な運動を紹介しましたが、ぜひ自分にベストマッチするストレス解消法としての運動を見つけてください。

 

ストレスをどのように捌いていくのかということは、社会人になってからも重宝する技術です。ストレス耐性とは、ストレスに対処する方法をどれだけ知っているかということだと思います。

 

勉強に行き詰ったら、運動でストレスを解消させてみてください。