2017年

7月

16日

自宅学習しようと思っても寝てしまう君へ

鳥取県倉吉市で進路指導・学習指導の塾を運営しているドリームラーナーズです。

 

ドリームラーナーズでは、自宅学習を重視しています。画一的に行われる授業よりも、自分の個性を活かすことのできる自宅学習のほうが、目的を達成できるからです。

 

なので、学習指導を行うときには、まず自宅学習の時間を増やすように指導しています。しかし、生徒に合った教材をチョイスしてお薦めしても、また目標を一緒に見つけてモチベーションを高めたとしても、自宅学習にはなかなか取り組めない生徒が多いようです。

 

自宅学習に取り組めない理由は大きく2つ。ゲームやテレビなどの娯楽の誘惑に負けてしまうパターン。このパターンに対する処方箋はシンプルです。自分の部屋には、誘惑に関するものは一切おかないようにすることです。

 

ゲームもマンガも雑誌も、勉強中の手を止めてしまうものは全て追放します。携帯は親に預けましょう。気を散らすものは、そもそも人の気を散らすためにできています。そうでないと買ってもらえませんからね。なので、それが部屋にある状況で、気を散らさないようにするのは、ブレーキとアクセルを同時に踏むような負荷がかかってしまうのです。

 

もう1つは、部活動などで疲れている場合、どうしても寝てしまうというパターンです。今回はこの後者のパターンについての処方箋を書きたいと思います。

 

続きを読む

2017年

6月

24日

【子どもについての教育相談に乗ります】親と子で勉強についての合意をつくろう

鳥取県倉吉市で進路指導・学習指導専門の塾を開いているドリームラーナーズです。

教育相談にお越しになる保護者の方は、口々にこう言います。

「うちの子は家で勉強をしないんです。大丈夫ですか?」と。

 

こうした相談に対して、ドリームラーナーズでは、

「勉強しろ!とは言わないでください」とアドバイスすることから始めています。

(もちろんケースバイケースです)

 

「勉強しろ!」と鞭のような言葉で子どもを叩いても、中高くらいになった子どもの自我はそれに反発します。むしろ勉強に対する嫌悪感をもってしまいかねません。

 

繰り返しますが、「勉強しろ!」と言ってはいけません。

 

代わりに、『勉強についての合意』を親子でつくることから始めましょう。

続きを読む

2017年

6月

04日

将来の夢がないという生徒に進路指導の専門家が伝えたいこと

鳥取県倉吉で進路指導や学習指導を行う塾・ドリームラーナーズです。

 

学校などが「将来の夢を決めなさい」というプレッシャーをかけるのは逆効果だと考えています。「将来の夢がない自分は、ダメだ」という劣等感につながるからです。

 

特に思春期の生徒は劣等感に敏感です。そのため劣等感を克服しようと、焦り始めます。安易に分かりやすい・カッコいいものを、将来の夢にしてしまいがちです。

 

これが「将来の夢がない」と焦ることのデメリットです。

 

劣等感の克服ではなく、つまり他人に追いつけ追い越せではなく、将来の夢は自分と向き合って決めるべきだと、ドリームラーナーズは考えています。

続きを読む

2017年

5月

30日

【将来の夢】研究者になりたいのなら大学選びより研究室選び

大学は、将来の夢をかなえるための手段です

続きを読む